税額は対象となる車の大きさ毎に決まっています

-

-

自動車重量税、略して重量税という税金は日本の自動車でもアメ車という愛車の生産国やハイブリッドカー、クーペなど自動車の形も例外なく、レクサスやオペル、などでも同じように納税の義務があるもののことをいいます。クレジットカードおすすめ

新車登録のさいあるいは定期的にある車検を受ける場合に納税が必要になるものです。

税額は対象となる車の大きさ毎に決まっています。

「自動車重量税」と「自動車税」はまったく違うものですので基礎を理解して混同しないようにしてください。

「自動車重量税とは車の重さ毎に」「自動車税というものはクルマのリッター数によって」その額が変わってきます。

また、買い取りの時の扱いも変わりますし注意が必要です。

中古車を買い取ってもらうときには既に支払った自動車の金額がいくらあってもその税金が返還されることはありません。

一方自動車税の時は既に支払った額を買取金額に足してくれることがなくはないですが、重量税の場合は足されるといったケースはなかなかないはずです。

重量税の場合は自動車を売る際既に支払った額が残存しているからと言って自動車の業者にてその事実が材料になるケースはほとんどないものなのです。

そのため次の支払い、つまり次の車検まで処分を待ち査定に出すという手法がベストでしょう。

中古車買取の時は考慮されない重量税でも特定の場合だと返還されることもあるのです。

というのは、車検が残っているクルマを廃車にしてしまうケースです。

つまり廃車申請をした場合、残存期間に応じて税金が戻ってきます。

ただし車買取の場合はその自動車が廃車になるわけではないので戻ってきません。

さらに、所有車の名義変更をしてしまった際や、盗難にあった時なども返還してもらうことはできません。

重量税が残っている期間がある自動車を売却するというのは、つまり車検の効力がまだある自動車です。

そのことを買取店も配慮しますから、自動車重量税の期間が残っていれば少しは買取額が上がるでしょう。

当たり前ですが、買取金額は買取業者によってまちまちなのですが車検期間が残っているということが考慮されれば所有車の売却額と比べるとそんなに払い損と考えることもありません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.