失業率も影響する一因です

-

-

今日は為替に関しての基礎的原因についてのお話をしたいと思います。

為替市場を簡潔に言うと「自分で現金の送金をなすことなく金銭のやり取りの目的をクリアする取引」を指します。

普通為替の市場というものはたいてい国際の為替について言及するという場合が多いのです。

外国の為替といえば二国間の通貨の取引をする事です。

他の国へ旅行(韓国、ベトナム、米国)を以前にしていれば、きっと外国為替の経験があるでしょう。

近くの銀行で他の国の貨幣へと取り替えをすればそれこそが為替になります。

為替市場は、買いたいと思う人と売りたいと思っている人の額を意味したものです。

銀行同士の間でのやり取りの結果決まってくるものです。

それはマーケットメイカーと言う世界中で指定されたいくつかの銀行であります。

為替のレートは周りからの力を受けながら休まずに時間ごとに変化します。

為替相場を変化させて行く要因となるのは、ファンダメンタルズが挙げられます。

ファンダメンタルズの意味は経済動向、経済の基礎的条件やいろいろな要素のことです。

それぞれの国の経済成長率や景気の状態、物価の水準、貿易収支、失業者の割合、有力者の言葉などいくつかのことが関わって為替のレートは変化するのです。

中でも貿易収支や失業者の割合は影響力が大きいと思います。

貿易収支とは日本でいえば財務省からの指令で日本銀行が通関統計を基にしてまとめた外国との任意の期間の経済の取引を書いたものです。

経常収支は中央省庁や日銀のHPの中で開くことができます。

就業者の統計、失業率も影響する一因です。

特にアメリカの雇用統計は影響を与えます。

毎月公開され、検証のねらいがワイドなのが特色です。

為替相場の動向は国の経済の動向を示しています。

その国の経済の状況を知ることにより為替の変化予測が可能と言えるでしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.