内科を何度も訪れる高齢者の患者

-

-

たとえば、整形外科や耳鼻科ですと比較的若い患者も多いですが、内科になると一転してだいたいが高齢者の方ばかりです。

そして、そんな高齢者の方ばかりですと、1度診察が終わった人でも、また再度診察になることがあり、そんなことをしている内に、看護師も顔見知りになったりします。

病院は病気になったりなど、体に悪い部分があるときに訪れる医療機関ですから、なるべくならば家で元気に過ごされたほうが良いのはわかっています。

しかし、顔見知りになった人が病院を訪れると、それだけで心がほっこりするような感覚になります。

ですから、大病されたのなら悲しいですが、検査でくるくらいならばこちらも歓迎です。

看護師として忙しく働いていると、患者のことをなかなか覚えられないものですが、それでも印象に残る患者はいます。

そして、そんな印象に残る患者から、人付き合いが生まれることもあるのです。

ですので、内科にいらっしゃる高齢者の患者は、かけがえのない存在だと私は思っています。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.