www.lymerix.com

-

-

「スプレッド」とはFX取引は通貨を売り買いして利幅を狙う投資です。売買の価格は、変化しています。それが為替レートです。テレビのニュースをみていると、外貨の市場の話題が流れる状況があります。よく見るのが「本のドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。これは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表示しています。つまり、FXには買いと売りの値段が存在している事を表しています。売値、買値の事を別の言い方で提示しているFX会社もあります。通常は売値が安い価格になっています。自分が買うときには高く、売るときには安くなるものです。その差をスプレッドといいFX取引会社の儲けといわれています。スプレッドの狭さはFX業者によって変化します。スプレッドの差は自分にとって手数料になるので低い取引会社を選択するほうが得します。ただし、同じ業者でも局面によってはスプレッドの広さは広くなったり狭くなったりします。仮定として普段はドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドであっても為替の変化がかなり大きい場合には1銭よりも広くなったりする場合があります。なので、スプレッド幅が狭いのと同じくらい変化が少ないということが大切です。今では変わらないスプレッドの差を見せるFX会社も数多く存在します。現実にFX取引会社の取引画面の上で本当のマーケットをチェックしなければわからないので億劫ですが、不可欠な事です。貴重な資金を使って売買するのですから、本当の取引の前に、興味を持ったFX業者の新規口座開設を遠慮せずにしてスプレッドの幅を実感しましょう。同じ通貨の組合せ、そのときの市場の変動率(ボラティリティ)によって通貨ペアのスプレッドの幅は異なることがあります。通常、インターバンクで取引高が多い通貨ペアではスプレッドの広さが小さく、別の外貨では広がる事があります。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.