虚偽による貸方の名簿

-

-

免責不許可事由というものは自己破産手続きをする人に対してこれらの項目にあたっている人は借り入れの帳消しを認可できませんとの基準を表したものです。自律神経失調症 高熱

ということは、極言するなら支払いをすることが全く行えないような人でもその要件にあたる時には免除を認められないような場合もあるということを意味します。75-20-27

ですから自己破産手続きを申し立て負債の免責を得ようとする人にとっての、最後にして最大の難関が前述の「免責不許可事由」ということです。75-7-27

以下は主な要素です。75-6-27

※浪費やギャンブルなどで過度に財を減少させたり、借り入れを行った場合。75-8-27

※破産財団に含まれる私財を秘匿したり、破壊したり貸し手に損失となるように処理したとき。75-5-27

※破産財団の負債を虚偽に多くしたとき。75-16-27

※破産に対して原因を有するのに、それら債権を持つものに特別の利得をもたらす意図で資産を譲り渡したり、弁済期前に借り入れを支払ったとき。75-17-27

※もうすでに返済不能の状態なのにそれを偽り債権を持つものを安心させて継続して融資を提供させたりクレジットを使って物品を購入した場合。75-11-27

※虚偽による貸方の名簿を機関に提示した場合。75-10-27

※借金の免責の手続きから過去7年以内に借金の免除を受けていたとき。

※破産法が求める破産した者の義務内容を反したとき。

以上のポイントにあてはまらないことが免除の条件とも言えるものの、この内容で詳細な案件を考慮するのは、経験と知識がなければ困難なのではないでしょうか。

くわえて、浪費やギャンブル「など」と書いていることにより分かりますが、ギャンブルといってもそれ自体は数ある散財例のひとつというはなしで、他にも実例として言及されていない場合が非常に多いということです。

実際の例として書かれていないことは、個別の例を言及していくと限度がなくなり例を言及しきれないものがあるときや昔に出た裁定に基づくものが考えられるので、それぞれの場合においてその事由に当たるのかはこの分野に詳しくない人にはちょっと判断がつかないことがほとんどです。

まさかそれに該当するとは考えてもみなかったような場合でもこの裁定をいったん出されてしまえば判定が覆ることはなく、借金が残るだけでなく破産申告者としての立場を7年間受けることを強要されるのです。

ということですので、このような悪夢のような結果を防ぐためには、破産宣告を選択するときにちょっとでも不安に思う点や難しい点があるときはまずは経験のある弁護士に相談してみることをお勧めします。


Site Menu

75-9-27 75-18-27 75-12-27 75-4-27
Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.