www.lymerix.com

-

-

ありふれたビギナー向けのFX投資の書籍では、「損失が生じた場面ではナンピン買いをしてポジション全体の買い付け価格を下げる」と助言されていますが、実際にはナンピンには目に見えないリスクが待っています。まず、ナンピン買いのロジックに関して分かりやすく記述しておきます。ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。$(ドル)買いですので、円安に推移するほど儲けが大きくなるわけですが、不幸にして1ドルが95円までドル安に振れてしまったとします。その場合ポジションを持ち続けたらマイナスをなくすためには、損失分円安ドル高に向わなければなりません。誰もが、赤字はなるべく早く取り戻したい願うだろう。このため最初に売り買いしたのと同じ分の$(ドル)を、1ドル95円でエントリーします。これで、ポジションのコストは1ドル=97.50銭まで低くすることができる。結果として、半分の幅でドル高が進行すれば、損失を失くせます。こういったことがナンピン買いのロジックだ。このような、ナンピンの仕組みを知ると、「もっともだ」と考えたりするが、為替は簡単には上手くはいきません。元々、95円以下にならないとは誰一人として分かるはずがありません。たとえば、為替相場が相当に強いドル安傾向だとしたら、1ドル95円ではとどまらず一段の円高ドル安に進むリスクは高くなります。97円50銭でナンピンをするとしても、95円まで円高になったらナンピン買いした分についても損が生じてしまいます。この状況では、初めに取引したドルとあわせて、ダブルで損失が生まれます。このように、ナンピンは難しいのだ。それでは、為替が自分自身のストーリー展開とは逆の方向にどんどん向う場合、どういった対応で危険を避ければいいのでしょうか。ここで選択する方法は2つ。まずひとつめはあきらめて、損失を確定する事です。もうひとつの手段としては自分自身が所有しているポジションを小さくする事で再び外国為替市場が回復するのを大人しく待つ事です。だいぶ控えめな手段だとおっしゃる投資家もいるだろう。だがしかし、自分が保持している買いポジションに損が生じた時、正しい手法はこれ以上のものはないです。言うまでも無く、ロジックとしては、ナンピンという手段もあるように思える。けれどもナンピンは、自分が損失を出している状態で、ポジションを縮小するどころか、それとは逆に買いポジションを重ねていく対策です。この手法では、危険性を制御することなど、どうやっても不可能だ察するべきです。ナンピンを続ければいつかは儲けが出るかもしれません。けれども、それより前に資金はショートしてしまうだろう。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.