クレジットカード会社の契約店舗

-

-

ショップで全部のクレジットカードが使用可能なのでもありません。

■クレジットカード会社の契約店舗はだいたい多くのクレカ会社に加盟していますがちょっと不便ですが全部の商店でみなのサービスの所有クレジットカードが使用できるのではありません。

例をあげていうと昔ながらの契約店の場合はJCBロゴの入ったそのクレジットカードしか使えないときもあるし近頃の加盟店舗なんかではVISAとマスターカードの名前のついているやつのみしか使えない場面もあります。

ダイナースカードなどのクレジットカード会社の場合、さらに使用できない場所が増えると思います。

何のロゴのクレカが切れるかをいかなる方法で見分けたらいいか「それじゃどうやってどのカードが使えるか見分けるといいものか?」といってはみたものの正確に見るのには該当店舗の従業員にお見せしてみる以外にはないていうのが正直ながらその回答です。

とはいえども大抵の店舗やショッピングセンターにはお店の見える部分に決済可能なカード会社のサインが入っているシールが貼られているので、「へー、あそこの店はMasterCardが使えるのね」という感じでわかるようになってるから確認しておいてほしいと思います。

反対に、しっかりと加入管理が出来ていない加盟店舗のような場合には、シールが貼り付けられている状況でも「現在ではお持ちのクレジットカードはご使用いただけません」などという返答を受けてしまうなどということもあるので困惑してしまうこともあるでしょう。

できる限り十分な数の店舗でカードが有効であるようにするためにももう一つのマーク(国際ブランド)がある一般的なビザカードマスターカードJCB、といったクレカを複数枚契約するようにしたほうがよいと思います(例として:UCカードを持っているならダイナースカード付属のカードを携帯するようにするといった方法)。

もっぱら国内においてはVISAカード、マスターカード、JCBの3つの印が書かれているクレカを常に携帯しておけば、よほどのことがない限り日本全土のカード決済可能店舗で少なくとも1枚のカードを使うことができます。

クレカを使いこなして日常的にスマートな支払いを目標とするのであれば言うまでもないが少なくともこの3枚のクレカを契約しておいていただくようお勧めします。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.