www.lymerix.com

-

-

通常のビギナー向けの外国為替証拠金取引の情報では、「マイナスになった状況ではナンピン買いによって全体のコストを抑える」と書かれていると思いますが、実際にはこれには目に見えない隠れたリスクがあります。最初に、ナンピンの方法に関して説明します。たとえば、100円で1ドルを買ったとします。ドル買いのため円安になればなるほど利益が大きくなるわけですが反対に95円までドル安に向ってしまったとします。その状況で維持し続けたとしたらマイナスをなくすためには、ドル安になった分、ドル高が進まなければならない。みんな、マイナスはなるべく早く取り戻したい願うだろう。そこではじめに売買したのと同じ額の$(ドル)を1ドル=95円で売買します。すると、ポジション全体の平均の単価は97円50銭まで安くする事が出来ます。2円50銭の幅で円安ドル高に推移すれば損失を失くすことが出来ます。こういったことがナンピンの手法です。このとおり、ナンピン買いの仕組みを聞くと、「確かに」という風に思うが、市場はそう易々と問屋を卸しません。初めから、95円より下がらないとは、誰もわからないのである。もし、市場がかなり強いドル安トレンドであるならば、95円では収まることなく、さらに一層ドル安になるリスクが高くなります。仮定として、97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル95円までドル安になったとしたら、ナンピンしたポジションについても、マイナスが生まれることになってしまいます。こういう状況では初めに売買したドルとトータルでダブルで損失を被ることになる。それほど、ナンピン買いは難しいのだ。それならば、マーケットが自分の物語とは逆にみるみる進む場合、どういった術で危険の確率を管理すればいいのでしょうか。こういう場合には選べる方法は2つあります。まずはじめは観念してポジションを諦める事です。もうひとつはその段階で、あなたが所持している買いポジションを小さくする事で、改めて為替が回復するのを黙って待つことだ。だいぶ控えめなやり方だと考える人もいるでしょう。しかし、自分が所有している買いポジションに為替差損が出た場合効果のあるやり方はこれ以外には期待できない。なるほど、ロジックとしては、ナンピン買いという手段もあるように思える。しかしナンピン買いは自分かマイナスになっているのに、買いポジションを減少させるどころか、遂に買いポジションを積み重ねていく考え方です。この手段では、危険を制御することなど、やりようがないと思うべきです。ナンピン買いをし続けられればいつの日にか損を取り返せるかもしれません。だがしかし、それ以前に投資資金はショートしてしまうだろう。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.