www.lymerix.com

-

-

最近、どの自動車保険会社も値段引き上げをしつつあります。自動車損害保険が料金を値上げするという事態が起こってしまうと、じかに私たちの暮らしにとても大きな影響を与えてしまいます。では、どうして自動車保険が値段釣り上げという事態を迎えていると考えられるでしょうか?その主な原因として思い当たるものは大きく2つあります。第一にお年を召した自動車ドライバーが年々数を伸ばしていることが挙げられます。車を保持しているのが当たり前の世の中になったので、高齢のドライバーも増加しつつあります。その上日本は高齢化社会に移行しつつあるといった趨勢があって、日増しに増々お歳を召した自動車運転者が割合的に増えていく時勢となっています。老年期のについては基本的には保険の料金がお求めやすく決められているので会社にとっては、たいして旨味がありません。どうしてかと言うと保険の掛金が安価なのにトラブルを処理しなければいけなくなった場合高いお金を被保険者に払わないといけないという事情があるからです。とすると、損になるリスクが格段に上がると判断されるため、自動車保険会社の立場から考えれば保険の料金を増額するという方法に頼るしかありません。そして、2番目の理由として考えられる事は若年世代の車所有に対する無関心であると考えられます。老齢の乗用車所持者は増えていますが、比較的若い世代はクルマに憧れなくなりつつあるのが現状です。その原因にはどんな事情があるかと言いいますとパブリックな安価な交通インフラの充実と彼らの経済事情に関わるものなのです。盤石なお仕事にありつくことが叶わない若年世代が多く存在するために、買う経済的な余裕がないという方も相当数いると考えられます。しかも、一昔前ならば乗用車を所持している事が社会的地位の証明だと考えられていましたが、今はステータスであるなどとは断言できなくなってきたのが現状です。そういった理由で、掛け金が高齢に比して割高な若い世代の被保険者が低減しているのが今の傾向です。こうした様々な問題が原因となって自動車保険会社も料金値上げに及ばざるを得ないのだと考えられます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.