www.lymerix.com

-

-

想像できずに急に遭遇してしまうのが自動車事故です。ここで何をどうやって処理したことが原因となり、自動車の保険料の支払いも変わってくるケースも想定されますので判断と対応が不可欠です。考えもしないアクシデントで冷静さを失ってしまったならば必要不可欠な状況を逃してしまいそれから自らが大きな損をしてしまう状況もありますので交通事故を起こしてしまった状況では的確に次の対処するようにするとよいでしょう。自動車事故をしたケースでまずするべきは負傷した方がいるかどうかのかを確認する必要があります。事故直後は動揺して虚脱状態になってしまう時がありすぐに対応できないのが当たり前です。その場面では、負傷者がいたならば危険じゃない場所へ運んで応急手当をし、周囲に助けを求めるなどを行い要救助者第一を心掛けましょう。119番通報する状況でははっきりと場所を伝えて、不明確な場所では目立つ建物や地点を伝えて事故が発生した位置が分かるようにします。その後で警察署に電話して交通事故があった事そして簡単な状況を伝えます。救急車とパトカーが来るのを待つ間に相手側の身元を確かめます。名前、住所、免許車のプレート相手の自動車保険の会社名などなどそれぞれの内容を交換します。事故の相手に過失があった状態ではそこでやり取りしようとするケースが考えられますが事故現場で結論を出すのではなくどの時だとしても警察署や保険屋さんに報告して正確に調べてもらう事が欠かせません。お互いの連絡先を交換したら他の車のさまたげにならないように障害物を道路から取り去ります。万一邪魔な物が交通の妨げとなっている場合には、情報を交換する以前にこれを行っても問題はないです。その次にあなたの加盟している保険屋さんに連絡して交通事故が発生したことを報告します。特定の時間内のうちに保険屋さんに知らせておかないと、自動車の保険の適用外にケースも想定されるのでなるべく早く行うことが重要です。可能であれば事故の手がかりとして、デジタルカメラやタブレット等で事故の現場やマイカーの破損の写真を撮ります。その証拠写真は過失の割合決めるかなり重要な証拠となるので自分の愛車や相手方のクルマの破損をきっちりと手がかりとして残しておくことが重要です。この場面で目撃者がいたとしたら警官や保険会社が駆けつけるまでその場所に待っていて頂けるように話しておくことも大事です。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.