www.lymerix.com

-

-

雑誌の宣伝チラシ、ゴシップ紙、電話ボックスに見かける宣伝チラシやDMなどで、「債務の整理手伝います」「多重負債をまとめたいですよね」という広告を読むことがよくあります。「整頓業者」「買取業者」「紹介業者」と呼ばれる企業の嘘広告のケースがあります。これらを依頼したケースでは破産申請の中で一番大切な免責承認を受け取れないパターンがありえます。「整頓屋」というのはダイレクトメールなどで借金を抱える人は寄せ集め、高額のサービス料をもらって整理をしますけれど、本当は負債整理は行われず、借金者はもっと債務地獄に堕ちてしまう結末がほぼ全部と言ってよいでしょう。「買取業」の場合は、債務人のクレジットで、電化製品、新幹線の利用チケットを多量に買わせて債務人からそれらの品目を購入額の10%から額面半値で引き取るという手口が知られています。その瞬間は金銭がもらえますが、必ずクレジット業者経由の買ったものの定価の催促が送られて来ることになり、本当は債務をアップさせる結末になります。この場合だとクレジットカード業者に対して詐欺とされてしまい免責をもらえません。「つなぎ業者」というのは有名なサラ金から借りられなくなった借金人に対して、金貸しはしないでおいて、貸出を可能な違う企業を教え、高額な依頼料を受け取る業種です。紹介業者は直接の努力で貸出してもらったというふうに解説しますが何もしておらず規程の通りやすい業者を伝えているというだけです。結局は負債を悪化させるだけです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.