www.lymerix.com

-

-

FXをやる面白いところは単品の投資商品であるのに、お金を掛ける期間を短い・普通・長いという3つの中からどの期間を選定するかによって資本の投下の手だてが大きく変わってくる点にあるのです。初めに外貨投資する「長期スタンス」について考えましょう。長期スタンスは、一年以上の投資期間を前提にしているものです。だいたい為替で一年も先々の為替レートは円高か、円安だろうかを連想するなんてことはたいていの場合苦難なはずです。ほとんどのケースでは「そんなにも後々の変動は予測できない」と考えるのが本当のところだと思います。見当もつかないのに頭を使って予想しようにも、それは無謀な行為なのです。そういう訳で外国貨幣を買って、買いレートよりも円高に変わったとしても、それは待っていれば円安になるだろうくらいの気持ちでやり取りに向かうのがベストです。差益をがんばって大きくするばかりでなく、他の儲け、スワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で儲けるということを第一のねらいにしてやってみましょう。当然のことながら少しの期間で差損にマイナスがかなりなることもあります。そんな訳で、大きな損でも困らないようレバレッジを少なめにやり取りするのがポイントです。外国為替証拠金取引(FX)は、損失が決まった範囲を上回って更に広がると追加保証金(追い証)を求められたりロスカットを置くことになります。ストップロス(ロスカット)を置いたらそこでやり取りを決済せざるを得なくなり、長期取引をできなくなります。こんなリスクを避けるにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍くらいで取引するべきです。2番目に中期のトレードです。中期のスタンスでは1?2ヶ月程度経った頃を考慮してのやり取りであります。為替のトレードのケースでは、だいたい1ヶ月ほど後のことはほとんどの場合予知可能でしょう。G7を始めとした公式のミーティングであったり市場で取引している人たちがどういう内容に注視しているかを考えればだいたい、予知できるはずです。この経済の基礎的条件を見ながらなおチャートを確認することによって、為替のレートのレベルを理解し取引を決めるのがいいと思います。基本的に、経済の状態とテクニックのどっちも光りもしくは買いが一致した時は、ほとんどの場合その様に行くと考えて差し支えありません。そういった時は持ち金を増やすことで多くの儲けを獲得できるはずです。第三に短期のトレードのコツです。この短期のスタンスというのは言い換えればデイトレードのことを言っています。為替相場でデイトレードをするには経済の状況は全然関わりがないと断言していいです。どうしてかというとあくる日の為替のレートの変化に、経済情勢は絡んでいないからです。ここでのポイントは目を引く行事がある場合、それに影響してレートが大幅に動くチャンスを待ってトレードすることです。例として、アメリカ合衆国で雇用者の統計が公示される、または金融政策などによって制作金利が変動するくらいの催しごと。こういったチャンスに変化を逃してはいけないとの理由で、短期トレードは多種の情報が必要となる。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.