www.lymerix.com

-

-

現金化を目的として新幹線等の回数券等を購買してしまうこと→クレジット現金化サービスというもの使わずに、換金する目的でクレジットカードを利用することであっても同じ事です。お金に変えるのを意図しているクレジットの使い方であるとルール違反扱いとなってしまうからであります。たくさんの新幹線の切符であったり切手通販等におけるクレカ決済をすると、ともすると換金する目的じゃないか、と警戒されてしまうケースなどもあり得るので配慮することを要します。それから、使用時点でキャシング額というものが限度になられてしまっているユーザーの場合は、チケットを決済することだけでクレジットカード発行会社から確認が来る事例があるため、経済状態が悪い時のカード利用については不可とされてしまうと考えられます。お金に問題のある状況において考えることは皆同じようなものであるのです。クレジットの会社の立場からみて問題ある利用の仕方をしてしまうこと●昔流行した『永久機関』といった、クレジットカード発行会社に対して全くメリットとなることのないようなルールに違反した決済をしてしまうと、カード発行会社により失効という扱いになってしまう事実すらある。Webに出ていたクレカポイントの不正搾取というような多くの人には認知されていない秘密のやり方なんていうがある場合でも、そんな方法というのは全てクレジット会社のルールに反することであるわけだからやってしまわないようにして欲しい。強制退会の情報については流通する●クレジットカードを失効させられてしまったとしても、その他のクレジットは問題ないのだからひとつならば大丈夫のではないか?などと考えた人は、情報流通社会においてはその思考は命取りになる危険もあるのです。というのもまず強制失効となってしまうような事態となると、カードの会社により確認出来る信用情報というものへそのカード情報が上書きされてしまうため強制退会された人の信用力というものはなくなる可能性があるからです。保有するたった1枚であってもカードを強制没収となった場合、その他のクレジットですら契約しにくくなる模様ですし現在所有しているクレカを強制失効させられてしまうこともあるのです。運良く使い続けられる際にも更新の際に退会となることになります。とにかくしつこいほど記載しましたが、強制没収となるような使い方はなさることのないよう、健全にクレカをご使用頂きたいと思っています。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.