www.lymerix.com

-

-

外為取引の投資の目標は各国の貨幣でしょう。流通通貨に関して勉学に打ち込んでいこうと思っています。・貨幣には「基軸通貨」という名称で称されている通貨がございます。基軸通貨とは、決済において金融機関の取引について重点に置いて使用される公式通貨のことを指しますが、現段階では$(アメリカドル)です。昔日はスターリング・ポンドが基軸通貨でありましたが、終戦後は米ドルになりました。・FXを利用して売買されている流通貨幣の種類は他で言う外貨投資に比較してかなり頻繁というのが特殊性です。FX企業間によって、、扱う公式通貨の種類においては、違っているのですが、平常では20種類位ある様子です。20種類の中でも変動が高い数値の通貨をメジャー通貨と言います。変動が高いとは取引きが行われておるという事であり貨幣の売り買い容易なことです。重要な貨幣には述べた基軸通貨と呼ばれる$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、¥(日本円)¥(円)、ユーロ(?)3種の通貨があって世界の3大通貨名付けられております。英ポンド、カナダドルなどが準メジャー通貨と呼ばれています。これら貨幣以外の変動性があまりない通貨においてはマイナー通貨と呼ばれ経済に関するパワーが比較的弱い国の通貨で南アフリカランドやシンガポールドル、メキシコペソなどがメジャー通貨においては、取引している数量が多量なから、価格の起伏が落ち着いていてニュースの数も多いそうです。マイナー通貨は利息の面で高い通貨であるの多いから値の変動がかなりあるとの事です。値の変動が大きいということは多大な収益を得るタイミングがあるのですがチャンスがあるだけ好ましくない結果の可能性も大きくて冒険です。そして変動があまりない貨幣という訳ですので終了決定したいと思っている時により終了決定が及ばないと予想される事があるとの事です。どの種類の通貨をえり好みするのかは別々の通貨の特徴をしっかりと吟味してから実践する事は必須であると感じます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.lymerix.com All Rights Reserved.